低用量ピルのトリキュラーを手ごろに購入するには

基本的に低用量ピルを入手する為には、産婦人科などに行き、診察を受けてから処方してもらう、と言う形が一般的となっています。

病院などでは手ごろに入手できない

ただ、実際にこの方法を選ぶ場合、先ず必要となるのが診察料です。また処方箋を書いてもらう必要もあるので、処方箋料、さらに病院やクリニックによっては、指導料なども発生します。

1,2回処方してもらうだけであれば、それ程気にしなくても大丈夫なのですが、低用量ピルは1回服用すれば良い薬ではなくて、継続して服用しなければいけません。その為、長期利用が一般的となっています。従って人によっては毎回数千円の出費が大きな負担となってしまう事も少なくないのが現状です。

国内でトリキュラーを入手するには処方箋が必要

現在、病院で処方される低用量ピルの1つがトリキュラーです。比較的他のピルに比べると利用しやすい、と言う点が高く評価されている薬で、その薬を服用している人は少なくありません。

ただこれを病院で処方してもらおうと思うと、前述した様に診察代や処方箋料などが必要となります。もう少し手頃に入手したいと思った場合は、別の方法で手に入れなければいけなくなります。

個人輸入なら病院も処方も不要

病院で処方してもらう以外に、現在利用者が多い方法の1つが、海外医薬品の個人輸入です。
この方法の場合は、処方箋が不要となるので、病院に行く必要もありません。

病院に行く必要がないという事は、診察料も処方箋料なども不要となり、基本的に手ごろな価格で入手する事が出来る様になります。

また、一般的に海外医薬品の個人輸入を行う場合は、輸入代行業者を利用しますが、輸入代行業者によっては他の業者に比べて、より手ごろな値段で提供している業者も珍しくありません。もちろん代行サイトの表記は日本語になっているので、安心して利用する事が出来ます。送料は不要な業者もあり、薬代だけで入手する事も可能です。

安心できる代行サイトを選ぶ必要あり

ただ、現在代行サイトは多数存在しており、どのサイトを利用するかによっても、値段が大きく変わる事は少なくありません。業者選びをする場合は、実際に自分で注文をしてどのような感じなのか、という事を調べる方法もありますが、利用する前にインターネット上にある口コミをチェックする方法もあります。この方法の場合、実際に利用した事がある人の意見を見る事が出来るので、業者選びをする上でとても参考になる方法だと言っても良いでしょう。

しかし、口コミにはその人の主観も大きく含まれている事が多いので、出来るだけ色々な意見を見て自分なりに判断する事が重要となります。その場合に、口コミを記載している量も、良い意見や悪い意見などが明記しているかどうかも目安の1つになります。1つの意見だけを鵜呑みにして、代行サイトを選んでしまうと言う事はしない様にしましょう。