子宮筋腫は手術やピルで治療できる

女性特有の病気の中に子宮筋腫というものがあります。これはその名の通り、子宮に腫瘍が出来る病気で、子宮を形成している筋肉の平滑筋の細胞が、異常に増殖することでできるものです。

子宮の病気としてはよく見られるもので、30歳以上の女性全体の4人に1人程度にはできていると言われています。まだ顕微鏡でなければ確認できないほど、成長していないとても小さいものも含めると、30歳以上の女性の4人に3人に見られるとも言われているほど、身近なものなのです。

子宮筋腫の治療法としては低用量ピルなどのホルモン治療、筋腫核や子宮摘出手術などがあります。

低用量ピル服用などのホルモン治療

  • 低用量ピル

    生理量が多い場合や生理痛などの場合には、低用量ピルの服用があります。低用量ピルでは排卵が抑制されるので、量や痛みが軽くなっていきます。

  • GnRHアゴニスト

    卵巣の機能を一時止めてしまう方法で、閉経と同じような状況になるために「偽閉経療法」とも呼ばれています。実際には閉経を迎えていないのに機能を止めてしまうので、更年期の症状が出る場合があり、期間的にみると長期治療は難しく、半年程度と考えておいた方がよいでしょう。

  • ミナーレ

    ミナーレとは子宮内避妊具(IUD)のことで、黄体ホルモンが放たれて内膜が少しずつ薄くなり、着床の阻害とピルの効果を持っています。最終的には生理の苦痛が楽になってきます。

手術治療

        
  • 筋腫核手術

    子宮は温存し、筋腫部分のみの手術となります。ホルモン治療では症状が良くならない場合などで、今後妊娠を希望しているが治療をしておいた方がいい、という方に向いています。開腹手術が主流でしたが、近年では腹腔鏡で体への負担を減らす方法があります。

  • 子宮摘出手術

    子宮の全てを摘出する手術となります。開腹手術や膣式手術、腹腔鏡手術で行います。子宮を摘出するので今後筋腫や子宮系の病気になることはありませんが、妊娠ができなくなります。ですので、妊娠についてはよく考えてから行った方がよいでしょう。

  • 非観血的手術

    手術とはいいますが、メスは使わずにUAE(子宮動脈塞栓術)で送る栄養を断つか、FUS(集束超音波治療)で筋腫を小さくする方法となります。どちらも傷が残らない、ほぼ痛みもない手術です。

自分の希望に合わせて選ぶ

このように、子宮筋腫の治療法は様々な方法があります。

女性の身体に出ている症状や子宮筋腫そのものの大きさや、その筋腫ができている場所や、女性の年齢や本人がこれから生きていく中で、妊娠や出産を希望しているのかというその人の価値観に至るまで、じつに様々な種類があるのです。

その事情に合わせてどんな方法を選択するかは、担当の医師とよく相談をして、自分の生き方に合った方法を選んでいくのが一番よいでしょう。

子宮筋腫の種類と症状

子宮筋腫は女性特有の病気で、4人に1人の割合で筋腫を持っていると言われていますが、そのほとんどの方は良性の筋腫で摘出する事無く普通に暮らすここが可能です。

子宮筋腫と言っても様々な種類があり症状もかなり違っていますので、生理時期の様子を注意深く観察し、必要であれば産婦人科を受診することをお勧めします。

筋層内筋腫

子宮筋腫の種類では筋層内筋腫が一番多いと言われている種類で、小さい物であればそれほど気にする事も無いのですが、大きくなると月経時に大量出血する事もありますので注意深く観察する必要があります。

漿膜下筋腫(しょうまくかきんしゅ)

漿膜下筋腫(しょうまくかきんしゅ)と呼ばれる子宮壁の外側に出来てしまうもので、生理には全く影響はないのですが、近くの他の臓器に影響し、便秘や頻尿などの症状に苦しむ方も多く居ます。

粘膜下筋腫

粘膜下筋腫は子宮内の内側に向かって筋腫が大きくなってしまうものであり、月経時に大出血を起こしてしまったりしますので、貧血の症状が強く出て来てしまうことが多くなります。悪化すると摘出を要する場合が多く、不妊症の大きな原因にもなってしまいますので、貧血が酷い時等は早めに婦人科を受診して、大きさを診てもらう様にします。

頸部筋腫

頸部筋腫は膣側に筋腫が出来てしまうので、大きくなってしまうと摘出が必要になります。症状としては月経時の大量の出血があり貧血が強く出ます。

月経痛などがひどい場合には診察を

筋腫の中でも悪性のものであれば即座に摘出、と言うわけでは無く、早めに発見する事により投薬で済む場合が非常に多いので、リスクを最も少ないものにする為には早期発見が先手です。

4つの内の当てはまらない場合でも、月経時に異常を感じたのであれば直ぐに産婦人科を受診します。他にも月経痛がひどい時や異常に多い時等も、一度診察してもらう様にしましょう。外側からでは全く診断が出来ない女性特有の病気ですので、専門医にかかり早期発見する事で、注射や投薬で済む場合が非常に多く、放置して置くと立ち上がるのも困難な貧血症状を起こしてしまう可能性もあります。

自治体などでは一定の年齢になると、無料で子宮の検診が受ける事が出来る制度を導入している所がありますので、一度住んでいる地区の自治体等に問い合わせて受診してみる事をお勧めします。

生理痛等に慣れている女性が大変多く、出産後も子育て等で自分の身体をつい放置してしまいがちになっていることが多いようです。子宮の病気は早期発見が最も大事な点ですので、面倒と思わずしっかり受診して結果を聞くようにして、出来る事であれば定期的に産婦人科に通って診察してもらう様にします。

低用量ピルのトリキュラーを手ごろに購入するには

基本的に低用量ピルを入手する為には、産婦人科などに行き、診察を受けてから処方してもらう、と言う形が一般的となっています。

病院などでは手ごろに入手できない

ただ、実際にこの方法を選ぶ場合、先ず必要となるのが診察料です。また処方箋を書いてもらう必要もあるので、処方箋料、さらに病院やクリニックによっては、指導料なども発生します。

1,2回処方してもらうだけであれば、それ程気にしなくても大丈夫なのですが、低用量ピルは1回服用すれば良い薬ではなくて、継続して服用しなければいけません。その為、長期利用が一般的となっています。従って人によっては毎回数千円の出費が大きな負担となってしまう事も少なくないのが現状です。

国内でトリキュラーを入手するには処方箋が必要

現在、病院で処方される低用量ピルの1つがトリキュラーです。比較的他のピルに比べると利用しやすい、と言う点が高く評価されている薬で、その薬を服用している人は少なくありません。

ただこれを病院で処方してもらおうと思うと、前述した様に診察代や処方箋料などが必要となります。もう少し手頃に入手したいと思った場合は、別の方法で手に入れなければいけなくなります。

個人輸入なら病院も処方も不要

病院で処方してもらう以外に、現在利用者が多い方法の1つが、海外医薬品の個人輸入です。
この方法の場合は、処方箋が不要となるので、病院に行く必要もありません。

病院に行く必要がないという事は、診察料も処方箋料なども不要となり、基本的に手ごろな価格で入手する事が出来る様になります。

また、一般的に海外医薬品の個人輸入を行う場合は、輸入代行業者を利用しますが、輸入代行業者によっては他の業者に比べて、より手ごろな値段で提供している業者も珍しくありません。もちろん代行サイトの表記は日本語になっているので、安心して利用する事が出来ます。送料は不要な業者もあり、薬代だけで入手する事も可能です。

安心できる代行サイトを選ぶ必要あり

ただ、現在代行サイトは多数存在しており、どのサイトを利用するかによっても、値段が大きく変わる事は少なくありません。業者選びをする場合は、実際に自分で注文をしてどのような感じなのか、という事を調べる方法もありますが、利用する前にインターネット上にある口コミをチェックする方法もあります。この方法の場合、実際に利用した事がある人の意見を見る事が出来るので、業者選びをする上でとても参考になる方法だと言っても良いでしょう。

しかし、口コミにはその人の主観も大きく含まれている事が多いので、出来るだけ色々な意見を見て自分なりに判断する事が重要となります。その場合に、口コミを記載している量も、良い意見や悪い意見などが明記しているかどうかも目安の1つになります。1つの意見だけを鵜呑みにして、代行サイトを選んでしまうと言う事はしない様にしましょう。

妊娠しにくくなると言われている子宮筋腫はどんな病気なのか?

子宮筋腫は女性特有の病気であるために、男性にはなかなか理解の難しい病気と言えるかもしれません。

そんな子宮筋腫は、妊娠しにくくなると言われています。

子宮筋腫は気付かない事が多い

実際に結婚して子供は欲しいのに、なかなか子供を授かることが出来ない、またそろそろ不妊を考えて病院に通いはじめようかと思って、検査して初めて子宮筋腫があることを知った、という女性も少なくありません。

人によって同じ筋腫という病名でも大きさは人それぞれ、そしてその大きさに応じて出てくる症状も軽い人から重い人まで様々なのです。

では、もしあるということがわかったならどうすればいいのでしょうか。

筋腫のほとんどが良性腫瘍

子宮筋腫のほとんどが良性腫瘍です。そのために、大きさによっては外科的な処置をしなくても、内服薬の投与などで症状の改善を行うことも少なくありません。反対に妊娠の妨げになり、不妊になるという場合には、外科的処置の適応になり勧められることもあるのです。

その診断方法は主にホルモン検査を行う、エコー検査をするなどです。

またその症状では、月経痛がひどい、月経の量が多いということが初期の症状です。そしてだんだんひどくなってくると今度は月経過多のために貧血になったり、倦怠感や疲労感が抜けないという状態になることもあります。貧血や疲労感の継続は日常生活にも影響がありますし、辛い身体症状になるので、対症療法でしっかり対処していかなくてはいけないのです。

そして最終的には、不妊などの原因になるのです。検査をして子宮筋腫があることがわかったら、そのまま保存的療法をして、不妊に対するホルモン療法や、タイミング療法、そして人工授精など、どんどんステップアップをしていくこともあります。

妊娠しても流産の可能性がある

しかし、妊娠をしても子宮筋腫があるために残念ながら、流産をするという結果になることも少なくありません。

これが一度くらいならばいいのですが、習慣性流産といって繰り返し失敗を繰り返すこともあるのです。これは妊娠を望む女性にとっては非常に辛いことです。子どもを抱きたいと思う場合には、いろいろな妊娠をする方法がありますが、妊娠までに時間がかかったり、何度も流産を繰り返す場合には、やはり外科的な処置を取られることもあります。そしてそれを克服することによって無事妊娠をすることもできるのです。

また妊娠できる時期にはこのように問題になることも多いのですが、閉経を迎えてしまうとホルモンの関係で、筋腫は自然に小さくなる傾向にあります。